楽器の練習

いざ音楽への入門を決め、音楽をやろうと考えて、ギターなどの楽器を購入した時に考えなければならないことは練習のことです。
ギターはまだ音が大きくありませんから大丈夫ですが、ドラムやトランペットなどの練習を自宅でしていると、近所迷惑になります。

スポンサードリンク

特に都会の方では、ピアノの音でもうるさいと言われてしまうのです。

電子楽器のようにヘッドホンなどでカバー出来る場合は別として、楽器の練習をするためには、楽器の練習を目的とした特別な場所に行く必要があります。
音楽スタジオやカラオケボックスのように防音室になっているところを使用しなければならないのです。
防音ですから、その中であればどんなに大きな音を立てても構いませんし、周囲に音がもれてないと分かると初心者の方などは特に自分自身の腕前を気にせずに思い切り練習が出来ます。

スポンサードリンク

変に周囲に気兼ねしながら練習するよりも、音楽スタジオ(防音室)やカラオケボックスで思いっきり音を出してみることが上達への近道だったりします。

しかし、防音室を借りようとしても時間帯がうまく合わないかもしれませんね。
防音室が近所にないということもあり得ます。私個人の経験と感想では、個人練習には「カラオケボックス」が一番利用しやすいと思います。都市圏から地方までどこにでもありますし、オープン時間も幅広くあらゆる生活リズムにあわせやすいです。
音響はよくありませんが、音を出しての練習が毎日出来るのは大変貴重です。

大人になってからの楽器上達の最大のコツは、短時間でもいいですから毎日練習することでもありますしね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

いろいろな楽器
楽器には実に様々なものがあります。 どのくらいの種類があるのでしょうか。 例えば......
楽器の素材
楽器の素材は様々です。金管楽器は金属とりわけ真鍮が多いです。そのほか白銀、金など......

▲このページのトップへ