いろいろな楽器

楽器には実に様々なものがあります。
どのくらいの種類があるのでしょうか。

スポンサードリンク

例えばオーケストラなを想像してみてください。
幾つぐらいでしょうか。

・・・なんと18種類以上の楽器で構成されるの一般的です。

オーケストラ以外にも、日本独自のものや他の国の民族楽器などを入れるとその種類は相当な数になります。
楽器の種類を考える時には音の出し方による分類と素材などによる分類が一般的です。

スポンサードリンク

打楽器、弦楽器、木管楽器、金管楽器などですね。

打楽器なら、和太鼓、カスタネット、シンバル、スティールドラム、トライアングル、マラカス、木琴、鉄筋、ティンパニ、ドラム、タンバリン、といったところが代表的です。

弦楽器では、ハープ、ギター、ヴァイオリン類、琴、琵琶、三味線、胡弓、ウクレレ。
木管楽器では、フルート、ピッコロ、リコーダー、竜笛、尺八、オカリナ、クラリネット、サクソフォーン、オーボエ、ファゴット、笙、ハーモニカ、アコーディオン、などですね。
金管楽器は、トランペット、ホルン、トロンボーン、チューバ、コルネットなどです。

沢山種類のある楽器のなかからご自身の興味から始めて、合う合わないを確認していきましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

楽器の練習
いざ音楽への入門を決め、音楽をやろうと考えて、ギターなどの楽器を購入した時に考え......
楽器の素材
楽器の素材は様々です。金管楽器は金属とりわけ真鍮が多いです。そのほか白銀、金など......

▲このページのトップへ