和楽器

和楽器は日本古来の楽器の総称です。

スポンサードリンク

大半のものは中国大陸から伝えられたものですが、ルーツである中国ではなくなってしまった楽器や日本独自の進化をしている楽器もあります。
現代の日本人は子どもの時から西洋の楽器には親しんでいるのですが、和楽器については西洋楽器ほど馴染みがないようです。

和楽器では三味線や尺八、小鼓、大鼓などは比較的知名度が高いと言えるでしょう。

和楽器の特徴としては、デリケートな音色を出すものが多いことが挙げられます。
加えて、デリケートな音を出すものが多いだけではなく、そのデリケートな音色の変化を尊重、追求するという点が日本人の美意識を反映しているようです。

スポンサードリンク

室内で使われる和楽器も多いのですが、例えば三味線は駒ひとつで大きく音色が変化し、中でも地歌三味線では、一人の奏者が何個もの駒を持ち、その日の天候、楽器のコンディション、曲の雰囲気などに合わせて使い分けます。わずかな駒の重量の違いによる音の差異までも追求して調整される細やかさなのです。

そのデリケートな音を追求するところは、演奏にもあらわれます。限られた音域の中で、微妙な音色の違いを追及しているのです。

そのため初心者の方が和楽器に大人になってから取り組み始める事は、決して簡単なことではありません。
そのことを踏まえて入門しましょう。焦らずデリケートな音を追求する和楽器の音を楽しむ気持ちの余裕が必要です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

民族楽器
音と言うものが人間の生活で非常に重要なものであることは間違いありません。 また、......
雅楽楽器
雅楽とそれに使用される楽器のことをご存知でしょうか。 雅楽で使用する楽器は管楽器......
中国の楽器
世界の民族楽器の中でも中国の楽器は日本と深いかかわりがあります。 また日本でも、......

▲このページのトップへ