楽器の素材

楽器の素材は様々です。金管楽器は金属とりわけ真鍮が多いです。そのほか白銀、金なども使われています。表面は銀メッキのものが多いようです。
金管楽器はそのような材質ですから、職人が手作りすると言うよりも製造装置を通して製造される、というイメージが近いでしょうか。

スポンサードリンク

木管楽器では細かい部分は金属が使用されますが、本体は木製です。楓や松などを使用したものが多いようです。フルートは別で純銀製であったり、純銀の部品と組み合わせたものだったりします。
また最近では安価にするためにABS樹脂を使用している場合もあります。初心者の方はこの樹脂製が丈夫で値段も安い傾向があるのでおすすめです。

バイオリンなどのようにボディーの部分と柄の部分にわかれているものは、黒檀なども使用されています。木製のものについては、その日の温度や湿度によって微妙に音色が変わりますが、初心者の方や趣味で取り組む方はそこまで気にしなくても大丈夫です。

スポンサードリンク

それから、竹でできている楽器もたくさんあります。日本の尺八がそうですし、インドネシアなどの民族楽器も竹製です。

また一口に木といっても非常に多くの種類がありますし、当然それぞれ特性が全く違います。ギターを選ぶ時を例にとると、トップ材はスプルースかシダーか、サイドとバックはマホガニーなのかメイプルなのかローズウッドなのかといった具合に、使われている木の種類が何であるのかという事を選択の基準にする事があるのです。

とりわけ材質が音色に与える影響は大きいため、楽器の入門クラスから中級レベルになるような場合はそこまで考えながら楽器を選ぶのも楽しみの一つになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

いろいろな楽器
楽器には実に様々なものがあります。 どのくらいの種類があるのでしょうか。 例えば......
楽器の練習
いざ音楽への入門を決め、音楽をやろうと考えて、ギターなどの楽器を購入した時に考え......

▲このページのトップへ